カテゴリ:映画( 8 )

カウントリー

この季節が来ましたな。

メリークリスマスイブでございます。
今年はホワイトクリスマスだ、クリスマス寒波だとか耳にします。まさにその通り、マイオフィスのエアコンが追い付いておりません。ただただ寒いのです。ブルブル震えながらPCに向かいポチポチとフライヤーいじったりトラックメイクしてみたり、ネットサーフィンしてみたり・・・毎年変わらない気もしますが、今はそれだけで幸せなのかもしれませんね。

今のHOSEからPC取り上げたら、なにも残らないのかもしれません。多分暫くの間外出は愚か、食事も喉を通らないかもしれません。あ、言い過ぎました。きっと外出しては嘆き、お菓子ばっかり食べてます。


いよいよ冬本番。体調管理だけはしっかりとしておきたいものです。残された2011年を精一杯過ごそうと思います。最後まで全力です!!



と思った矢先に見つけてしまった音楽がコチラ・・・

奮い立たせて、引き締めたはずの気持ちが一挙にホドケテしまいます。
ジブリ恐ろしや・・・。


あ、明日はコチラでお待ちしてます。
[PR]

by dj_hose | 2011-12-24 01:00 | 映画

モノクロ映画


以前にも同じ内容で書いたかも?しれませんが、
本日は

モノクロ映画
について。


中でも好きなのが

チャップリン。


サイレント映画が大半の中、

晩年の作品(アメリカでの最後の作品)


LimeLight


この映画で彼は初めて素顔を晒すのです。
サイレント映画のライバル、バスターキートンとも初共演を果たしてて・・・。



今まで人並みに観て来た映画の中で、

「観といて良かった。」

そう思える映画の一つです。

何といいますか、
彼のマルチな才能、非凡な感性。
男としても(ロリコンな部分も多少)尊敬に値します。

と、またしても突然ブツブツと語りだしたのには訳がありまして・・・


youtubeでコレ聴いたら映画を思い出した訳で・・・


え??

そうです、
SuperflyLimeLight


全く関係ないんです。


ただ単に聴いた感じ、

インスピレーション的なモノが自分の中で重なっただけで・・・


え??


え????




・・・はい。



すみませんっ!!!!




けど今ググってみたら、「歌詞の無い歌で気持ちを伝える歌」的な記述(自分解釈)を発見しました。
チャップリンのサイレント映画と歌詞の無い歌。

何かスゲーーーってなったけど、


冷静に考えたら、LimeLightは台詞あるし・・・







すびばぜんでじだ!!!!


[PR]

by dj_hose | 2011-06-20 23:57 | 映画

映画


どうやら最近、

仕事で左手人差し指を突き指したHOSEです。

何が痛いって、

触ると痛い!!!


昨日まではただの打撲かと思ってたけど、

どうやら突き指の

可能性



クゥゥ・・・

さて、本日は映画の話題を

最近のフランス映画は素敵すぐる!!!
WILD TARGET

エミリー・オリヴィア・レア・ブラントも綺麗だし!!

日本でやるんかな~・・・。


絶対面白いよ、コレ。



さっぱりしたコメディが良い。

ついでに使われている曲も素敵すぐるとキタっ!!


レジーナーーーーー!!!!


来日公演・・・



チケット抑えてみようっと。


アデル/ファラオと復活の秘薬



これまたフランス映画ですが、

この手の軽いコメディが好き!!


だって、


ミイラさんが






JEFFにしか見えない不思議!!!





ミルズーーー!!!!


ズンチャカチャッチャ!!


うひょーーー、



NE MU RE
NE------!!!!!!!!


YU BI
ITE------!!!!!


[PR]

by dj_hose | 2011-04-27 01:39 | 映画

元気な時にね!!


本日は観るのに心の準備のいる映画をご紹介。

どんな準備か?と言いますと、



―全てを流すことの出来る心の準備



ええ、お察しの通り後味が良いものではありません




気分が沈んでる方優れない方止した方が良いと思われます。









元気な時に観るべき映画です。








まずはコチラ

スティーブンキング原作の小説

THE MIST



そしてもう一つは昨夜BRYAN氏にオススメされた

絶望的映画・・・

End of the world(On the beach)



どちらも見終わると

『あぁ・・・』

となる映画ですが、

僕的には

ミスト



『あぁ・・・』

感が強かったです。

軽い気持ちで借りて凄く衝撃を受けた思い出が強いからでしょうか・・・。


でもエンド・オブ・ワールドも、観るべき価値はあります。

監督の僕らに(世界に)伝えたいメッセージを凄く感じるのです。




監督のメッセージ通りです。




僕も改めて危機感を強く持ちました。


先ほど観終えたばかりなのですがね!!




興味のある方は是非ご賞味あれ。




くれぐれも元気な時に!!!!!



さて、本日は快晴!


そしてワタクシは本日夜勤!!!




皆様お仕事ファイツです!!!!!


最後は後味良く・・・



サムセイラー・・・

おやすみなさい。。。

[PR]

by dj_hose | 2011-03-10 09:09 | 映画

誰ぞ!!!!


分かりませんか!!??


映画のタイトルを忘れました。。。

なんか夫婦喧嘩的な話だった



はずです!!!


ちなみに、この曲が使われていました!!!




いやしかし、こういった曲はジャンルの枠を軽く飛び越えてて元気になりますよね!!!!!
そもそもジャンルなんて括りに縛られていないのかも・・・(?)

ただ、この素晴らしい曲が自分の生まれる前に作られた曲だと思うと、

先天性というものを実感します。



と、話はそれましたが、


誰ぞ知りませんか!!??

[PR]

by dj_hose | 2011-01-15 23:29 | 映画

予期せぬ形・・・


今日も仕事ネタを少々・・・

まさかこんな形で観るとは思わなかったのですが、



Knight and Day

観てきました。


無論仕事ですので、


With

利用者様。



前から観たいな~と思っていたのですが、

まさかこんな事あるなんて思ってもみなかったですよ。
知ってか知らずか・・・
皮肉なものです、本当。

っま、楽しかったから良いのですが・・・。



とは言え、


今日の利用者様と接して、

改めて

人生に於いて

“本当に大切なもの”

とは何ぞや??


と、本質なるものを考えるきっかけになりました。


自分の可能性に気付く者がいれば、
気付かない者もいて、
それぞれが自身の世界観の中に生きている。
それぞれが満足していて・・・









あ、



長くなりそうなので









KATSUAI








今日は中々眠りにつけぬ、深い夜を過ごします。


本日も、昨日と同じく

MONO

の一曲。
考え事を忘れさせてくれます。

[PR]

by dj_hose | 2010-10-19 02:02 | 映画

レールズ & タイズ



映画 レールズ & タイズ


YahooのGyaO!動画にて観ました。
最初のセットアップと配信期間があるので、興味のある方はお早めに・・・

Rails and ties

誰かの心を変えるのは簡単じゃない。
でも、本当に僅かな切っ掛けでソレは
少しずつ変えられる事もある。

心を育み、より良い方向に変化していく様を描いた非常に良い映画でした。


久しぶりに号泣です。

[PR]

by dj_hose | 2010-09-16 17:32 | 映画

Limelight

初めまして、hoseです!!
f0226316_22511832.jpg



え?


・・・ええ、分かってます、すみません。



hoseの甥っ子1歳と4ヶ月です!!
今日は夕方から表に出てシャボン玉を初体験でした。

f0226316_22514036.jpg

最近まで綺麗に咲き乱れていた野花(誰かがゲリガーしたのかな!?)たち。

※ゲリガー:ゲリラガーデンのhose的略。


もう花びらは散ってしまって無いけど、凛とした姿に心を打たれました。


f0226316_22515793.jpg

門に蔓延るコケ。
生き生きとしていますね。

f0226316_22521773.jpg

家の目の前のトンネル。
昔はココで良くサッカーや野球をしました。

f0226316_22523119.jpg

1963
トンネルの入り口に掘られた数字。
設立の年号??通し番号??
何の数字でしょうか?



と、甥っ子 そ っ ち の け で独りノスタルジックに浸るhose。

若さと老い・・・
生と死・・・



がテーマの僕の大好きな映画がこちら!!



f0226316_22525725.jpg


Limelight

1952年製作のアメリカ映画

監督・主演・演出・脚本・音楽全て、

チャールズ・チャップリン


当時のチャップリンが自分自身を「老いぼれた道化師」として映画に描いた、言わばチャップリン本人の自叙伝的映画です。

生きる気力を失くした若いバレリーナの再生と、過去の栄光が忘れられない老いぼれ道化師の衰退を描いた作品ですが、テリー(バレリーナ)と、カルヴェロ(道化師)の心情・様子を映画全体を通してグラフ化すると、若さと老い、もとい生と死がはっきりと確認できるのです。

僕が初めて観たのが大学の授業でしたが、その後何度か観ても涙が止まりませんでした。


人生を恐れてはいけない
人生に必要な物は勇気と
想像力と少々のお金だ

戦うんだ
人生そのものの為にだ
生き、苦しみ、楽しむんだ
生きていく事は美しく
素晴らしい

死と同じく、生も避けられない
生命だ
命だ
宇宙にある力が、地球を動かし、木を育てる

君の中にある力と同じだ
その力を使う勇気と意志を持つんだ



チャップリンが演じるカルヴェロが生きる気力を失ったテリーにかけるこの言葉、とても好きな台詞です。


さて、今日は久しぶりに真面目に締めでっ!




・・・


あ、こちらもお忘れなく!!
2010.6.26.sat@B'S CAFE
eSPECIAL
feat.BRYAN'S BIRTHDAY BASH!!

Guest.macrophage lab. a.k.a HIEI

f0226316_254819.jpg

f0226316_26140.jpg

[PR]

by dj_hose | 2010-05-27 23:33 | 映画